ワイヤーカット放電加工、微細穴加工、細穴放電加工、精密金型製作ならナムテクノにお任せ下さい 株式会社ナムテクノ株式会社ナムテクノ

会社案内 お知らせ

ワイヤーカット放電加工

最小ワイヤー線径0.02mm(20μ)と
熟練の技による超微細加工

ナムテクノ

ワイヤーカット放電加工とは

極細のワイヤー電極に電気を流して鉄やステンレスなどの導電性(電流の流れる)の素材を加工する技術です。素材の硬さに関係なく高精度な形状に加工することが可能です。

ナムテクノの
ワイヤーカット放電加工の
高い技術

ナムテクノが扱うワイヤーの種類は0.02mm、0.03mm、0.05mm、0.07mm、0.1mm、0.2mm、0.25mm。お客様の幅広いニーズにお応えします。
中でもワイヤー線径0.02mmによる加工で他社には負けない微細加工が可能です。

  • 1.ピン角加工(コーナーRが小さい)
  • 2.幅の細いスリット加工
  • 3.小さい穴加工

ナムテクノのワイヤーカット放電加工機は千分台の高精度加工が可能です。
しかし機械の精度を最大限に高めるには機械を扱う技術力も必要です。
ナムテクノの技術者は常に挑戦し続けることで
技術力を向上に邁進しています。

ナムテクノはタングステン、タンタル、モリブデン、チタンなどの高融点金属の加工やセラミックス(電導性)などの難素材加工も得意としています。

ワイヤーカット放電加工で
加工可能な素材

スチール(SKD-11・SK3・SS400・S45C・SCM・HPM)
ステンレス (SUS303・SUS304・SUS430・SUS440・SUS316・SUS420)
アルミ (A5052・A2017)
銅 (銅・ベリリュウム・リンセイ銅、タフピッチ銅、銅タン)
超硬

<難加工素材>
タングステン
タンタル
モリブデン
チタン
セラミックス(電導性)
ジルコニウム
ニオブ

加工事例のページへ

設備紹介

ワイヤー放電加工機
三菱電機(水仕様)・・・・3台
ファナック(水使用)・・・1台
ソディック(油仕様)・・・1台

ワイヤーカット放電加工の特徴ここが
スゴイ!

素材の硬さに関係なく
加工できる

(超硬合金でも柔らかい金属でもOK!)

電気を通す素材であればどんなに硬くても、柔らかく粘り気があっても加工することができます。切削加工やドリル加工では困難な素材もワイヤーカット放電加工なら可能です。

素材を削る量を
最小限にでき経済的

切断幅が非常に小さいため、素材を削る量を最小限に抑えることができます。切削やドリル加工に比べて材料を無駄なく使用することができ、経済的です。

素材への負担や
ひずみが少ない

放電加工は、ワイヤー電極から放電することで素材を加工するためワイヤーと素材が直接触れることがありません。そのため加工による圧力で素材が変形したり、ひずみができることはありません。

高精度な穴加工

ワイヤーカット放電加工による穴加工は、細穴放電加工で素材に下穴を空けワイヤーを通して穴加工を行います。切削加工やドリル加工よりも高精度な(加工位置や穴の形状(真円度))穴加工を行うことができます。

ピン角に近い加工

ピン角とは加工角部が直角のことをいいます。 切削加工やドリル加工では丸みのある角しか加工することはできませんが、ワイヤー放電加工ならピン角に近い加工が可能です。

90度に近い。エッジの立った角部分は機械加工に時間とコストがかかってしまう。 90度に近い。エッジの立った角部分は機械加工に時間とコストがかかってしまう。

極細のスリット加工

ワイヤーカット放電加工なら極細のスリット加工が可能です。切削加工などに比べて細いスリット加工ができます。

複雑な形状の加工

加工したい形状をプログラミングし機械を動かすため、複雑な形状や曲線形状でも加工できます。

極薄素材も加工

放電加工は、ワイヤー電極から放電することで素材を加工するためワイヤーと素材が直接触れることがないため、素材に圧力がかからず極薄素材でも切断することができます。

バリ・カエリが
出来ない

切削加工やドリル加工などでは、必ず切断面にバリ・カエリが発生してしまいます。
ワイヤーカット放電加工ではバリ・カエリができないため後処理が必要なく、精度の高い加工ができます。

夜間や無人運転ができ
納期対応が可能

ワイヤーカット放電加工の加工スピードは早くありませんが、プログラムにより無人運転が可能です。夜間に無人で長時間機械を稼働させることができます。

受注の流れ

  • お問い合わせ見積もり依頼
  • ご注文
  • 加工開始
  • 切削・穴開け開始
  • 放電加工
  • 研磨
  • 納品

■ 主な取引先

  • 大手民間企業・研究機関
  • 大学等の教育機関
  • 大阪大学 鹿児島大学 
    滋賀県立大学 首都大学東京
  • 東京大学 名古屋大学 
    横浜国立大学 (50音順)